FXのMAMと自動売買EAの違いを分かりやすく説明します。

FXのMAMと自動売買EAの違い

MAM:証券会社に入金したら、あとは完全ほったらかしでFXの取引をしてくれる。

自動売買EA:自動売買を行うEAを設置すれば、あとは完全にほったらかしでFXの取引をしてくれる。

 

というわけで、MAMとEAとの違いは、FXを始める際に、手間がかかるかかからないかの違いです。

 

基本的には、MAMも、自動売買EAも勝手にFX取引を行ってくれます。

利用する側としては、見てるだけで何もしなくても良いです。

 

最初にFXに取り掛かる簡単度でいえば、

MAMが一番簡単です!

スマホさえあれば、簡単に始めることができます。

 

EAは、パソコンで最初に設置作業をしなければいけません。
(代理店が無料でやってくれることが多いので、その場合は証券会社に入金するだけでOKです)

 

MAMは、証券会社に口座を開設して、入金するだけなので、何も苦労することはありません。

 

自動売買EAは、ロジックが組まれたEAというものを設置するために、

VPS契約をしたり、MT4をダウンロードしたりと、最初は少し大変です。

 

でも、設置さえしてしまえば、MAMと同じで、

勝手にエントリーして決済まで完了してくれるので、ものっすごく楽です。

 

つづいて、MAMと自動売買EAの注意点や費用について記載しておきます。

MAMと自動売買EAの注意点&一般的な費用
MAM:自分でエントリーはできず、ポジションの決済はできません。
完全に見てるだけです。
MAMは、プロのトレーダーがFX取引を行うことが多く、トレーダーに対して、代行取引手数料として利益の数%が徴収されます。
(セラフィムMAMは、成果報酬としてFXで出た売上の10%が引かれます)

 

自動売買EA:自分の判断で、エントリーも決済も可能です。

自動売買EAを初めに購入する必要がありますが、利用する分には費用はかかりません。
もし、自動売買EAが無料で配布されているものであれば、無料で利用できます。
平日は、24時間ずっとパソコンを稼働させる必要があるので、VPSという仮想環境を用意する必要があり、その費用が毎月2,000円ほどかかります。

 

 

MAMであってもEAであっても、

しっかりとプラスになるトレードをしてくれれば、どちらを利用しても問題は全くありません。

 

一番大事なことは、最終的にプラスになる取引をしてくれるかどうか。

 

過去にわたって、リアルにしっかりと稼ぎ続けられているのであれば、信頼できるMAM&EAといえます。

過去のリアル実績を、一番重視したいところです。

 

私がオススメしているMAMは、1年半以上、一度も溶けていません。

月利がどんなに多く取れても、年に何回も溶けるようなロジックでは意味がありません。

 

含み損を、しょっちゅう多く抱えるEAは、危険かもしれません。

 

吉田あいは、過去数年にわたり、50個ほどのEAを利用してきました^^;

このブログを通じてFX仲間が多くできましたし、いろんな情報が入ってきます。

 

私をLINE追加していただけたら嬉しいです♪

吉田あい公式LINEを追加してくださいね♪

   

   

 

現在、戸建やアパート・マンションを所持されている方へ、
お得情報をお伝えしています。

興味がある方は、
吉田あいのLINEに
「戸建案件について」とメッセージください。

 
 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事