含み損とは?FXの専門用語をわかりやすく説明します!

自動売買システムEAを導入するにあたって、含み損についてお問い合わせがあったので、図解入りで分かりやすく説明します。

私が無料で配布している【虎徹】EAは、運用資金が40万円~となりますが、この根拠については、含み損のことをご理解いただく必要があります。

自動売買EAを初めて使われるお客様からのご質問
・なんで40万円もの運用資金が必要なの?
・こんな大金、いきなりFX会社に入金するのは怖い!
・うまくいかなったら、全額なくなっちゃうの?

といったお声をいただきますので、その不安を解消するためにも、まずは、含み損についてわかりやすく説明しますので、どうぞ読み進めていってくださいね!

 

FX・仮想通貨・株式でいう含み損とは?

FXに限らず、仮想通貨や株式であっても、含み損というものは発生します。

ここでは、ものっすごく簡単に含み損を説明するために、現在のドル円が100円だとして例にしますね。

私が、【これから相場は上がりそうだ!】と考えて、買いポジションを入れたとします。

しかし、予想に反して、相場は100円から上がらず、どんどんどんどん下がっていってしまいます…(´;ω;`) つらい状況ですね。

 

上記の図のように、買いでエントリーした瞬間、あっという間に99円まで相場が下がってしまって、含み損を1万円抱えてしまいます。

もし、ここで決済してしまうと、実際に自分の1万円がなくなってしまいます。つらい!

ですが、ここで頑張って耐えて、【きっとドル円はそのうち上がる!】と信じて耐える選択をします。

 

99円になったときに決済をせずに、101円になるまでポジションを持ち続けた結果、含み損1万円は解消され、+1万円の含み益になりました!

ここで決済すると、実際に自分の1万円が増えたことになります。

99円に落ちたからといって、急いで決済せずに、上がると信じて耐えた結果、プラス1万円が増えることになったんです。

-1万円かもしれなかったものが、あっという間に+1万円に!

 

青の部分のどこかで決済してしまうと、マイナスとなり自分のお金が消えてなくなりますが、ピンクの部分で決済すると、自分のお金が増えることになります。

 

含み損の状態で決済し、損失確定することを損切りorロスカットといいます。

含み益の状態で決済し、利益を確定することを利確(りかく)といいます。

もちろん、実際の相場は、こんなに簡単なものではありません。

 

いつか上がると思って耐えていた結果、99円よりも下がって、98円になってしまった…という状況は、リアルによくあります。

 

それに、スプレッドや、スワップなど、他の要因も多々入ります。

上記の図は、ものっすごくシンプルに書いた含み損と含み益です。

とりあえずは、含み損・含み益について、ざっくりと理解できていればOKです。

 

FXで含み損を抱えすぎると強制ロスカット発動!

上記で説明したとおり、FXなどの投資では、含み損を一時的に抱えます。

もし、含み損の状態で決済をしてしまうと、損失となり、抱えているポジションによっては、かなりの金額を失ってしまいます。

ただし、決済さえしなければ、本当の損失ではないんです。

含み損が含み益になるまで、待つことができます。

 

ですが、ここで重要なのは、いつまでも耐えることはできない!ということです。

FX会社によって、含み損があまりにも多いと、勝手に決済させられます。

→このことを強制ロスカットといいます。

 

たとえば、100万円の資金を入れていて、含み損が101万円になったら、未確定の損失だとしても、借金していることになりますよね?

この状態を、FX会社は許可しません。

FX会社もバカではないので、含み損を抱えすぎている人の場合、早めに決済させて、FX会社が損をしないように先手をうってきます。

 

強制ロスカットは、FX会社によって発動するタイミングは異なります。

とあるFX会社の一例を挙げると、100万円の資金で96万円の含み損を抱えたら、強制ロスカット発動となり、口座残高があっという間にほとんどなくなります。

強制ロスカットが発動されたら、入金した金額のほぼ全額がなくなると思っておいてください。

 

FXで含み損を抱えて強制ロスカットされないために!

含み損についてはご理解いただけたでしょうか?

含み損を抱えているだけでは、本当の損失ではないので、慌てる必要は全くありません。

ですが、含み損を抱えすぎるとヤバイことになる…ということは分かっていただけたと思います。

 

たとえば、FX会社に100万円の資金を入金したとしても、ご自身で大きなロットでエントリーしない限り、全額すぐになくなることはありません。

 

もし、裁量でFX取引をするのであれば、最小ロットの0.01ロットでエントリーして、どれだけの値動きで、どれだけの金額の含み損、含み益を抱えるのかを確認してみてください。

含み損を耐え続けて、結局強制ロスカットとならないように気をつけましょう!

 

含み損を抱えすぎない自動売買の虎徹EAとは?

私が無料配布している自動売買の虎徹EAは、強制ロスカットを受けることがないように、資金40万円という金額を設定しています。

含み損を抱えすぎないので、オススメの自動売買システムです。

40万円の資金が入っていれば、虎徹EAを稼働させても、ほとんどほったらかしで大丈夫。

 

虎徹EAは、荒れ相場でも比較的安定しています。

稼働させてすぐに10万円の含み損を抱えることもありますが、数日で収まり、大体10万円以下の含み損で、毎日コツコツと利益確定してくれて、月利10~30%です。

40万円資金で月利20%であれば、8万円の利益確定です。

それが毎月あれば、10万円ぐらいの含み損は大きなものではないですよね。

 

推奨資金より低く、推奨ロットより高くEAを稼働していれば、月利は高くなるかしもれませんが、強制ロスカットの発動を受けて、全資金がなくなる可能性についても高くなります。

含み損や強制ロスカットのことが頭に入っていると、資金や、推奨ロットがどれだけ大事かということが理解できると思います。

そんな状態にならないために、虎徹EAに限らず、自動売買システムを使うときには、推奨資金、推奨ロットは必ず守りましょう!

 

自動売買システム【虎徹】を無料で受け取る方法

虎徹を配布している運営サポートのリアル動画実績はこちら。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事