FX含み損のストレスに耐えるor損切り?私の対処法

7月30日現在、含み損がかなりヤバイことになっています。

なんと、合計で1,882,548円もの含み損!(´;ω;`)

ユーロドルは復活してきたものの、ポンドが下落中で、オススメしてきた虎徹も、けっこうな含み損を抱える事態となっています。

ここまで含み損を抱えると、だんだん感覚がおかしくなってきますが、私の対処法を載せますので参考にしてください。

 

FXの含み損のストレスがやばい現在の状況

まずは、私の現在の含み損の様子です。

無料EA 虎徹 資金40万円 含み損 -219,535円
無料EA 虎徹 資金80万円 含み損 -418,985円
無料EA 虎徹 資金120万円 含み損 -403,300円
無料EA Evot 資金30万円 含み損 -835円
無料EA AUG 資金25万円 含み益 14円
有料EA アクティブゲイナー 資金30万円 含み損 -214,089円
有料EA 勝てば官軍 資金90万円→60万円追加入金中 含み損 -625,790円

というわけで、かなりの大赤字です。

これを全部合計すると1,882,548円になります。

私は、追加入金で耐える方向でいます。

が、ある程度のところまでいったら、さすがに損切りします。

私の中での損切りポイントは、過去にFXで稼いだ金額ぐらいになったら切ります。

まずは、含み損と証拠金維持率を確認していきましょう。

 

FXの含み損に耐えられるかどうかを確認!

含み損が多くなりすぎると、FX会社から強制ロスカットされ、入金した資産がほとんどなくなります。

もし含み損のことがわからない方は、【含み損とは?FXの専門用語をわかりやすく説明します!】の記事をどうぞ。

現在、FXの含み損が多すぎてストレスがハンパないんですが、私は耐える方向で考えています。

私経由で自動売買を始められた方は、XMか、ゲムフォレックスという証券会社をご利用だと思います。

この2社、どちらも証拠金維持率が20%になったところで強制ロスカットされます。

↓下記画像の赤く囲った部分が証拠金維持率です。

ちなみに、↑のスクショは、2019年7月30日の9時半時点の資金40万円の虎徹EAです。

 

FXの含み損を損切りor耐える対処法

私が考えうる含み損に対しての4つの対処法を書きます。

私は2つ目の対処法を選択しますが、どのような選択をされるかは自己責任です。(これは助言ではありませんのであしからず)

1つ目の含み損対処法

虎徹EAをお使いの方は、9つの通貨ペアを稼働させていると思いますので、ひどい含み損を抱えている通貨ペア以外のポジションをすべて決済させます。

他の通貨ペアで、更なる含み損が増えることを止めます。

そして、ひどい含み損を抱えている通貨ペアが利確されるのをひたすら待ちます。

または、ひどい含み損を抱えている通貨ペアを全て決済させるのも1つの手です。

そうすれば、別の通貨ペアは、通常通り利益確定してくれますので、待っていれば、いつか損切りした分を補ってくれます。

 

2つ目の含み損対処法

(追加入金をして)含み損が減るまでひたすら耐える。

私の目安としては、証拠金維持率が200~300%ぐらいになったら追加で資金を入金しています。

維持率何%になったら、いくら資金を追加するというものは自己判断です。

さらに相場がひどくなったら、あっという間に維持率が低くなることもあるので、早めに入金するという判断も良いと思います。

追加入金をしない場合は、含み損がなくなるのを祈るのみとなります…

 

ただし、追加入金は、無限にするのではなく、自分の中で諦めポイントは作っておくべきです。

私の場合は、過去にFXで稼いだ金額以上に含み損を抱えそうだったら、切るようにします。

(まだFXで稼いだ金額がなければ、自動売買ツール推奨金額を超えるような含み損を抱えたら、あきらめて終了したほうが良いです。)

 

3つ目の含み損対処法

これは、オススメしません。
現在のポジションとは反対のエントリーをして証拠金維持率を上げる方法です。

たとえば、現在Sellのポジションで多くの赤字になっていたとしたら、反対のBuyでエントリーをするということです。

これはかなり上級者向けで、完全に裁量になります。私は先月この対処法に失敗しました。

FXの裁量で失敗した記事

 

4つ目の対処法

全ポジションを決済して損切りする!
ストレスに耐えられなかったら、早い段階で全て損切りするというのも選択肢の1つです。

相場の未来は分かりません。

さらに暴落or暴騰して、強制ロスカットになってしまう事態になることも考えられます。

その前に損切りして自動売買ツールを完全に止めるというは、1つの正しい判断です。

 

まとめ

今回この記事に書いたことは、あくまで対処法であり、推奨するものではありません。

相場の先のことは分かりません。

なので、ご自身で判断されるしかありません。

虎徹EAは安定していてオススメだったんですが、ここまで過激なトレンドが発生すると、さすがに厳しいですね。

今週は指標が多く、FOMCもあります。重大発言も多いと思われます。

含み損を多く抱えたときは、どうするか、ご自身でしっかりと考え判断してくださいね。

自動売買ツールを渡す運営側としては、ツールはお渡ししますが、運用に関しては投資助言となるので、回答することができません。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事