面接に遅刻して不採用にしたNGマナーについて

私が面接した人数は100人を超えますが、
その中でも非常識だった、
面接応募者について書いていこうと思います。

 

まずは、面接に遅刻して不採用にしたAさんについてです。
非常識な面接者Aさん。

 

Aさんは、面接に遅刻する以外にも、
あまりにもマナーがなっていない人だったので当然のごとく不採用。
面接官(会社)のことを全く考えていない行動をする人でしたね。



スポンサーリンク

面接に遅刻して不採用にしたAさん

私の働いていた会社では某就職サイトを利用していたんですが、
そのサイト上での応募受付に対して、
面接日当日の午前中になってキャンセルを入れてきた人でした。

 

ちなみに、その人が面接する時間は14時予定とカレンダーに入れてありました。

 

中には平気でブッチする人もいるので、
ブッチをしないだけでもマシでしょうが。。

 

こっちは、暇じゃないので、某就職サイトを一日に何回も見たりしないんです。
だから、14時を過ぎるまでメッセージを見ていませんでした。

 

14時過ぎて、来ないなあ・・・
と思って某就職サイトを見てみるとメッセージが入っていて、内容はというと。
【本日、所用が出来たため面接に行くことが難しくなってしまいました。】
とのこと。

 

いやいや、当日の当日にキャンセルなら、
普通は電話で連絡するでしょう!

 

Aさんは、50才過ぎた良い大人でした。
これが10代20代なら仕方ないかあって思うけど。。

 

ありえないなあと思いながらも、まあ、形式上メッセージは返すわけです。
【また、機会がございましたらお申し込みいただけたらと思います。】
的な感じで。

 

でも、
【当日のキャンセルの場合は、お電話にてご連絡ください】
とも書き入れました。

 

普通は、これで気づいてくれるでしょう。
こちらが、もう面接しないという意思が。
普通は、【あっ、しまった!電話するべきだった】って感じて、
もう面接を希望することはないと思うはずなんです。

 

普通の感覚ならば。

 

そしたら、その面接者、私のメッセージをポジティブに捉え、
再度日時を指定して申し込んできたんですよね。

 

でも、私、某サイトの管理は、部下にまかせていたので、
その希望をOKして面接受けちゃったんですよねぇ・・・

 

私がそれに気づいたのは、面接日当日。

 

なので、仕方ない。
これは面接するしかない、ということで、面接をするわけですが、
またまた非常識なことをしてくれたんですよね。

 

続きは次のページで。
面接に遅刻して不採用にしたNGマナー2



私が実践しているアフィリエイト情報をメルマガで配信予定です。
興味がある方は、メルマガに登録してみてくださいヽ(*´∀`*)ノ☆



スポンサーリンク

コメントを残す