通信制大学の学費は安いのでおすすめ!

年収1000万円女の吉田あいです。

 

半年のオーストラリア留学から帰国後は、
通信制の大学に入学し、
英語学科で中学校教諭の資格を取りました。

 

どうせ英語を勉強するなら、
TOEICとかではなく、
一生使える資格が良いと思って。

 

大学に憧れもあったし。
普通の大学では、学費が高いので行けないなあと諦めてました。

 

通信制大学の学費は安い!英語教諭の資格も取得可能

通信制の大学を選択すれば、
自分の稼ぎのみで通うことが可能なんですよね。
他の通信制の大学生も、自分の意思で、
お金を貯めて大学費用を捻出しているので、学習意欲が高かったです。



スポンサーリンク

学びに来ている人は、主婦やフリーターや、
塾講師など様々でしたが、
ちゃんと勉強して卒業したいという人ばかりでした。

 

だから、講義があったら、みんな前の席を陣取るし、
サボるなんて行為はないし、真面目に授業を受けます。
社会人になったら、授業を受けるということが喜びであり、楽しいものです。

 

不思議ですね。
学生のときは、あんなにサボりたい、
勉強したくないって思ってたのに。

 

私は義務教育なんてやめて、働きたい意思があるときに働いて、
勉強したいと思うときに勉強できる制度があったら良いなって思います。
働いてると、勉強したいっていう気持ちが湧いてきたりするものです。

 

通信制の大学は、基本的には、家で勉強して、
科目ごとに、出された課題を提出して単位を取得するという方法でした。

 

でも、科目の中には、スクーリングといって、
学校に実際に登校して授業を受けないと単位が取得できないものもあり、
そのときは、授業を受けに大学に行きました。

 

体育なんて、さすがに家では限界がありますよね^^;
あとは中国語とかも授業を受けに行った記憶があります。
授業の最後にテストがあるものもあったんですが、
それが少し難しかったような気がします。

 

1科目のスクーリングは大体3日間で終了。
しっかり出席して、出された課題を提出して、
合格点を超えていれば、単位がもらえます。

 

そうやって、2年間課題とスクーリングを繰り返して、
晴れて短大卒業の資格を手に入れることができました。

 

通信制の大学に在籍している限りは、
どんな年齢であっても学生という身分です。
カラオケなどにいっても学生証を提示すれば学生金額で入れます。

 

私が在籍してたのは、18歳~20歳だったので、
本来の学生の年齢と同じで怪しまれることはなかったですが、
中には、40歳以上の人もいるわけで、
そういう人は怪しまれたかもしれないですね。

 

通信制は良い制度だと思います。
通信制でも単位の習得に厳しい大学だと、
卒業が難しいようですが、私の選んだ大学は比較的楽なほうだったようです。

 

私が選んだ科目全部、問題なく単位取得できたので、
こんな簡単に短大卒の資格って取れるんだなーなんて思いました。

 

一般の大学に、高いお金を払って通う必要なんてなかったと思います。
残念なのは、素敵なキャンパスライフや、
サークル活動がなかったことぐらい。
でも、私はしっかり勉強できて、
卒業できればよかったから十分です。

 

私は、そういうものより、
働いてお金を稼ぐことのほうが大事でした。
働きながら学校に行けるなんて、
とても贅沢なことだと思います。
確か、2年間通っての入学金、授業料、テキスト料で、
全部で60万円~80万円ぐらいだったと思います。

 

普通に大学通うのを考えたら、3分の1ぐらい。

奨学金ローンなんて組んでたら、
会社に働きながら毎月のローンに苦しんでいたと思います。

 

そんなわけで、無事通信制の大学で、
卒業に必要な単位数は全部取得!

 

今後大学の資格がほしい人は、
一度、通信制の大学を検討してみても良いかも?
学費が安いのでおすすめですヽ(●´з`●)ノ♪

 

続きはこちら
仕事探しに悩んだ20代女性の選択肢



私が実践しているアフィリエイト情報をメルマガで配信予定です。
興味がある方は、メルマガに登録してみてくださいヽ(*´∀`*)ノ☆



スポンサーリンク

コメントを残す