シェアハウスに住む年収1000万円超女の理由

年収1000万円超え女の吉田あいです。
毎月の支出や家賃について書いていきます。

 

私の手取りですが、
毎月同じ金額をもらえるわけではなく、
会社の売上げによって、
少ない時は50万円、多い時は150万円ぐらいの金額をもらっていました。

 

そんな、私のふところ具合。
住んでいたところは、都内の家賃8万円のシェアハウスでした!

 

東京で仕事とシェアハウスを探すならTokyoDive

東京23区駅近シェアハウスを探すならサークルクラブ

正直1000万円以上の収入があれば、
家賃30万円ぐらいのところを選択することも可能でした。

が、堅実派な私が選んだのはシェアハウスだったんですよね。

 

月収100万円の毎月の支出内訳

シェアハウスについて語る前に、
私の支出内訳を下記に暴露します。



スポンサーリンク

独身時代の時です↓

固定費(毎月必ず支出するお金)
家賃8万円(光熱費込み)
海外の生命保険 8万円前後

 

変動費
食費 5万円
服・化粧品 2万円
電話・ネット代 1,600円
ネイル・まつげエクステ 1万円
整体 1万円
フィットネスジム 1万円
他色々 5万円

こんな感じかな。

 

かなりアバウトで、抜けてるものが多いかもしれないけど、
毎月必ず消えていく固定費は16万円でした。
遊びだったり、飲食だったり、
変動するのが10万円から25万円ぐらいの感じ。

 

それ以外は貯金。
私そんなにお金を使うほうではないので、
貯まるときは月に70万円とか貯めていたりします。

 

女性専用シェアハウスに住む理由

私は都心の会社に勤めていたんですが、
通勤で電車に乗るのが嫌で、会社の近くに住んでいました。
なのに、8万円の光熱費込みの家賃って、かなり安いですよね?

 

家賃こそ、普通は一番大きな出費であり、
毎月必ず支払わなければいけないもの。

 

じゃあ、そこを切り詰めれば、
必然と毎月使うお金も減らせるのではないかと思って、
シェアハウスに住んでいたんですね、私。

 

年収1,000万円でも家賃8万円のところに住む私。
すごく堅実でしょ(^^ゞ

 

シェアハウス、なんといっても、
すべてにおいて安いのが魅力的。

 

敷金礼金はありませんでした。
入居前の清掃費で15,000円取られたぐらい。

 

入居審査に関しては、連帯保証人もいらないし、
会社名と勤続年数を書いたらすぐに通ってしまった笑

 

そんなに楽で良いのかと驚くぐらい、
審査はあっという間に通過。

 

それに、シェアハウスには必要なものもすべて揃ってます。

お部屋には、ベッド、化粧台、収納箱、服掛け。
共用部には、洗濯機、乾燥機、冷蔵庫、掃除機、ダイニングテーブル、電子レンジ、ソファなどなど。

 

生きるために必要なものはある程度揃ってて、
布団だけは買わないといけなかった、っていうぐらい。

 

私は個室を選択したので、プライバシーも保たれたし。
けっこう快適でした。

 

シェアハウスのメリット

シェアハウスのメリットは色々あるけど、
魅力なのは家賃が安いっていうこと!

 

お金を節約したいなら、固定費を下げるのが一番です。
よく、「家賃は収入の3分の1が目安」と言われます。
21万円の給料なら、なんとか7から8万円で抑えるべきなんです。

 

そこを無理して都内付近に住んで月10万円以上、
光熱費とか引っくるめて全部で15万円以上の固定費を払うことになったら、貯金なんてできないと思います。
よほど節約しても、厳しいかな…

 

あとは、初期費用も安く済みます。
敷金礼金なしで、家具も全部揃っていたら、
あとは引越し代ぐらいで済みますよね。
ほんとに安い!

 

シェアハウスのデメリット

私がシェアハウスで嫌だったのは、
2ヶ月に1回ほど回ってくる掃除当番でした。

 

ゴミ出し、共用部の掃除等は、
自分達で行うタイプのシェアハウスだったので、
当番制で掃除をする週が回ってくるんですが、私は掃除が大嫌い。

 

女性専用のシェアハウスだったので、
そこまで汚くなることはなかったのですが、
やはり掃除しないといけないのは苦痛。

 

やれって言われたら、やるけど、
自ら積極的にはやらないタイプ。

 

もっと家賃の高い、高級シェアハウスでは、
掃除はしなくてもよくて、
掃除する人が常に共用部を綺麗にしてくれるらしいですね。

 

私は都会ど真ん中の立地で暮らしてたのにも関わらず、
8万円で住んでたので、そこは文句は言えませんでした(^^ゞ

 

女性専用のシェアハウスの実態とは!?

私は女性専用のシェアハウスだったので、
当然ながら入居者は全員女性のみ。
みんな自立しているようでした。

 

談話室があり、一緒にテレビを見たり食事をしたりするんですが、
職業は美容師さんだったり、
フリーランスでライターしてる人だったり、
普通にOLしてる人だったり、
居酒屋で働いている人だったり、
仕事は様々でしたが、きちんと働いてる人ばかりです。

 

恋愛のほうでいえば、
都会のど真ん中のシェアハウスだからか、
みんな男性を見る目が肥えてるような気がしました。

理想が非常に高い・・・
彼氏募集中の女性が多かったのですが、
なかなか彼氏が見つからなくてシェアハウスに住んでいるという感じの人もいました。

 

恋愛は人それぞれの価値観ですからね^^;

 

私自身、シェアハウスは3度目で、
細かいことは気にしない質なので、けっこう快適に過ごせました。

 

シェアハウス話、まだまだ続きます。

 

続き → 女性専用シェアハウスでのトラブル

 

 

お仕事とシェアハウス両方探すならTokyoDiveがおススメ☆



 

東京23区駅近シェアハウスを探すならサークルクラブがおススメ☆



私が実践しているアフィリエイト情報をメルマガで配信予定です。
興味がある方は、メルマガに登録してみてくださいヽ(*´∀`*)ノ☆



スポンサーリンク

コメントを残す